VIOラインは恥ずかしくない?

全身脱毛をしてもらう際にVIOラインは自己処理が難しい場所でもあるので、ぜひ脱毛施術をしたいと強く望む方の多い人気の脱毛部位です。
しかし、場所が場所だけに、やってもらう事に抵抗感を覚える場所でもありますよね。
VIOラインの脱毛施術って恥ずかしくないの?
そう聞かれたら、まずほとんどの人が恥ずかしいと感じるでしょう。
普段人には絶対に見せる事がない肛門周りなども見られてしまうわけです。
これで恥ずかしくないという人の方が、感覚的におかしいのではないでしょうか?
紙パンツは一応履いていますが、脱毛施術をする際にはVIOラインですから、紙パンツもズラして全て見られてしまう。
そう覚悟しておいた方がいいでしょう。紙パンツは何も隠してくれません。

だから恥ずかしいと思うのは当然の心理です。
そして恥ずかしくても、やってもらう価値があるからこそ、やる事を選んだわけですよね。
ここはもう覚悟を決めて、恥ずかしくても我慢をしてやってもらいましょう。
1番恥ずかしいのは、1回目です。2回目以降は徐々に慣れてきます。
そもそも、知り合いに見られるわけではありません。
脱毛施術が終われば、もう二度と顔を合わす事がない人で、相手はVIOラインの施術を1日に何回を行っているので、見慣れています。
なので、お互いに気にしない事が1番の対処法と言えるのではないでしょうか?

関連記事