毛抜きの自己処理がNGな理由

ムダ毛の自己処理の方法はいくつかありますが、毛抜きを利用するという人も少なくないでしょう。
特にワキの太くて濃い毛はカミソリで剃ってもキレイにならないので、毛抜きで抜くというわけです。
しかし毛抜きで抜いてもキレイにならないので注意が必要です。

まず毛を抜くという行為は、抜いた後毛穴が開いた状態です。
そしてその毛穴からばい菌が入りやすくなります。
そして炎症などを起こす可能性があるので注意が必要です。

また毛穴に汚れが詰まると肌が黒ずんで見えてしまいます。
これってムダ毛は抜いたけれど、肌が黒ずんでしまったら、結局見せられる肌ではありませんから、自己処理をする意味がありませんよね。他にも毛抜きで抜いたら埋没毛になったという経験がある人もいるでしょう。
埋没毛は毛が皮膚の中に埋まっている状態ですが、見えているので、そこにムダ毛がある状態と変わりません。

むしろ変わらないどころか、カミソリ等で処理できないので非常に厄介です。
毛抜きで皮膚を突き破って、無理やり埋没毛を抜くという方法はありますが、どう考えても肌に大きなダメージを与えてしまいます。頑張ってもキレイにならないのにも関わらず、毛抜きは1本1本を地道に抜くので時間がかかって疲れます。

あえてメリットをあげるとすれば、一度ピンセットを購入すると、コストが発生しないという点ですが、肌の状態、毛の状態を考慮すると、あまりおススメ出来るムダ毛処理の方法とは言えないでしょう。
毛抜きは、眉毛を整えるために数本抜く、ぐらいの時だけ使用し、後は別の方法で処理するようにして下さい。

関連記事